世界で広がりつつある【CBDオイル】

近年流行のきざしを見せている「CBDオイル」というものをご存知でしょうか?今回初めて知ったという人も、今少し気になっているという人にもわかりやすく説明していきたいと思います。CBDオイルのメリット・デメリットなども含め、さまざまな方向からご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

■CBDオイルとはどんなもの?

疑問に思う女性
そもそもCBDオイルの原料は、産業用大麻から抽出された成分を加工したものとなっています。大麻というと危険なものというイメージがあるかもしれませんが、CBDオイルに使用されているCBDは普段皆さんが認識している大麻の成分とは異なっています。
日本で所持・使用が認められていない大麻は、THCと呼ばれており、大麻の葉っぱや花の部分に使われているもので、気分高揚などの効果があります。そのため、諸外国では精神病などの治療にも用いられることがあるのですが、その依存性や倫理観より日本では使用は禁止されています。
ですが、CBDに使用されているものは、THCとは違って、茎や種から抽出されたカンナビジオールという成分です。カンナビジオールを略してCBDというのです。このカンナビジオールには、THCに含まれる中毒性や依存性なども低く、安全に使うことができるため、最近では健康促進のために使われることも増えています。

■CBDオイルの特徴・効能

CBDには、てんかん発作の抑制に使われる薬や、精神安定剤などにも使われており、健康面だけでなく医療面からも注目されている成分となっています。
CBDは植物由来の成分ですので、身体にも浸透しやすいのが特徴で、化学薬品よりも利用しやすくなっています。世界中でも注目され、医療機関の中でも近年では研究が進められており、さらに安全な使用ができるようにと開発がされています。

そんなCBDを利用したオイルですが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか?
まずは、オイルを利用することで、痛みや炎症の緩和をすることが可能です。鎮痛成分のある薬品は中毒性が高いのが難点でしたが、CBDに関してはその中毒性もありませんので、どんな人でも利用することができます。
次に、不安感の軽減効果もあります。興奮を落ち着かせたり、リラックスに効果的な成分が含まれているため、病気によって不安感を増幅してしまうという人には大変効果的です。また、普段の生活においても精神的な悩みがあるという人にも多く用いられています。
近年では、CBDオイルがてんかんの発作を抑えるという効果も注目されています。海外のメディアや研究所では、てんかんの抑制薬の開発に力を入れており、普段の生活を快適に過ごすための薬を開発しています。

■CBDオイルの種類と使い方

CBDオイルにはさまざまな種類があります。オイルというと美容液のような入れ物に入った液体状のものを思い浮かべるかもしれませんが、オイル上のほかにも、錠剤やクリーム、粉末状などもあります。
オイルそのままの液体状のタイプは飲んだり、飲み物や食べ物に混ぜたりして利用します。一般的にはそのまま飲んでいるようです。錠剤やタブレットタイプはサプリメントのように簡単に飲むことができるので、一番手軽な方法だと思います。
オイルをそのまま飲むというのは抵抗を感じる人もいるかもしれません。そのため、海外サイトではCBDオイルを使ったレシピなどを掲載しています。最近は日本でもレシピが増えてきつつあります。日本ならではの食品を利用したレシピも多いので試してみる価値もありそうです。

■すぐにでも始められる

親指を立てる男性
CBDオイルは個人輸入をすることでも、輸入代行業者からでも簡単に取り寄せ可能です。現代では通販体制も整ってきつつありますので、今後もっと手軽にCBDオイルを手にすることができるようになるでしょう。