CBDオイルは違法ではないの?

CBDオイルの原料は大麻やヘンプを使用しています。こう聞くとちょっと不安になる人もいたり「違法・危険なものなのでは?」と思う人もいるでしょう。しかし、違法性などもなく、世界でも利用されています。その理由をご紹介したいと思います。

■きちんと審査を受けたものだから安心

現在日本で所持・使用を認められていない大麻は、依存性・中毒性が高いと言われているTHCと呼ばれる成分を含んだ大麻抽出物です。もちろん、この成分を抽出することができる大麻草の栽培も禁止されています。また、ニュースなどでも大麻関連のものが報道され、「大麻=すべてダメ」という印象が強くなっています。

しかし、大麻が危険と呼ばれるのは、葉っぱの部分が主です。そのため、禁止事項の中にも種子や茎などは除くと明記されています。種子や茎には有害な成分がないことが証明されているのです。そもそも種子の部分は香辛料であったり、調味料などで古来から使用されており、私たちも知らないうちに口にしているのです。
ですから、大麻の種子や茎から抽出されたCBDオイルには毒性や危険性はなく、安全に使うことができるという事がわかると思います。
もちろん、現在の日本ではまだまだ医療用大麻の使用は認められていません。そのため、CBDオイルであっても税関の審査はとても厳しいものになっています。きちんとした輸入代行業者であれば、国の審査をしっかりと受けてから日本で販売していますので、安心して利用することができると思います。

■国の審査を受けたものを選ぼう

安心して利用するためには、販売サイトがしっかりと国の審査を受けて輸入したことがわかるところではないといけません。やけに高額な値段だったり、詳細がわからないものは危険ですので下調べをしておきましょう。

関連する記事