CBDオイルの種類は?

CBDオイルには種類がいろいろあり、利用者によって使い分けてもらうことができます。人によって摂取しやすい形があると思いますので、試してみて自分に合ったものを探しましょう。それでは、その種類を紹介していきたいと思います。

■CBDオイルの種類

まずは簡単に摂取できるタイプを紹介します。簡単さで言えばやはり経口摂取が一番です。CBDオイルは、基本的に液体のオイルタイプのものが多く作られています。瓶にスポイトが一体化となったフタが付いていて、それを使って吸い取り、そのまま口に入れるという事が可能です。いつでも摂取することができますし、何よりも簡単です。
経口摂取するタイプだと、タブレットや錠剤・カプセルタイプも便利です。サプリメントのようにすぐ飲み込むことができますし、持ち運びも容易なので、日本人にも好まれています。同時に結晶タイプと言われるものもあり、こちらもすぐ飲むことができますし、飴のようになめることもできます。
少し特殊なものですが、ペーストタイプのものがあります。ラードのような半固形タイプのもので、人によっては苦手となるものになるでしょう。

次に、吸引して摂取するものです。電子タバコを利用して気化したものを摂取する方法ですが、この方法はとても気軽で簡単です。しかし、専用のリキッドや吸引に必要な機材をそろえなければいけないという事、そして昨今では禁煙化が進む日本では、電子タバコで実際はたばこではないとは言え、なかなか吸引できる機会に恵まれない可能性があるというのも忘れてはなりません。

最後に、塗るタイプのCBDオイルです。ボディクリームやシャンプー、ローションなど普段から使うアイテムにCBDオイルを配合している製品も多くありますので、気になる人はチェックしてみましょう。

■自分に合ったものを見つけよう

現在もCBDオイルをしようしたいろいろな製品が開発されていますので、こまめにチェックして利用してみてください。

関連する記事